シャウエッセン・シャウエッセン

1985年2月に誕生したシャウエッセン。おいしい。

シャウエッセンランチ

127グラム

f:id:schauessen:20171215115355j:plain

10月以降は127or127.5グラムで安定している内容量。

安定するように詰めるシステムを変更したのだろうか。

全自動で袋詰されていくシャウエッセン。重量は合ってるかい?

あ、きみはこっち。あなたはそっち。しっかり合わせて袋詰されるんだよ〜。

そんな想像をしながらフライパンにどん。

f:id:schauessen:20171215115407j:plain

ここでは整列してください。

f:id:schauessen:20171215115228j:plain

6分焼きます。弱火。

f:id:schauessen:20171215115252j:plain

なかなかの焼き目。経過良好。また整列。

f:id:schauessen:20171215115239j:plain

たまごを落として、また6分。寒いから1分長めで。

f:id:schauessen:20171215115305j:plain

完成。よく焼けました。

f:id:schauessen:20171215115318j:plain

おいしそうでしょう。

おいしかった。

ごちそうさま。

 

シャウエッセンスパゲッティ

127.5グラム

f:id:schauessen:20171125144823j:plain

ランチタイム。何を食べるか迷うところ。

冷蔵庫にはシャウエッセン。呼びかけてくるような気がしたので。

f:id:schauessen:20171125144833j:plain

カットカット。

f:id:schauessen:20171125144659j:plain

多めの油で焼き目がつくまで。

ローリエを入れて、ホールトマト缶を投入。トマトは箸で半分に。

f:id:schauessen:20171125144709j:plain

5分ほど中強火でグツグツ。

塩は3つまみくらい。4でも可。

f:id:schauessen:20171125144720j:plain

水分が飛んでとろみが出てくる頃には、缶詰特有の酸味はまろやかに。

黒胡椒を挽いて、味を見る。

シャウエッセンの香りとコクが、トマトソースに溶け込んで。至福。

今日のスパゲッティはディチェコの1.9mm。

しっかり塩をきかせた湯で10分茹でて、投入。

f:id:schauessen:20171125144730j:plain

炒め合わせて完成。

f:id:schauessen:20171125144740j:plain

盛り付け0点。味100点。

基本のシャウエッセンスパゲッティ。おいしい。

ごちそうさま。

シャウエッセンナポリタン

127グラム。

f:id:schauessen:20171121143218j:plain

シャウエッセンをおいしく食べる方法のひとつ。ナポリタン。

疲労回復には濃くて甘いナポリタンがよく効く。

たっぷり食べて、心労も消化してしまおう。

f:id:schauessen:20171121143137j:plain

湯を沸かしている間にシャウエッセンを整列して、カット。

f:id:schauessen:20171121143125j:plain

127グラムをバラバラに。1本を3分割が良い。

今日は甘くてこってりとしたナポリタンを希望。

たまねぎ1玉をさっと炒めてシャウエッセンを投入。

f:id:schauessen:20171121143114j:plain

スパゲッティを湯に投入するタイミングくらいで、ケチャップを。

f:id:schauessen:20171121143249j:plain

あれ、これは多いかなと思うくらいで大丈夫。

というか、多いかなと思ったらその倍を入れてほしい。

使用前。

f:id:schauessen:20171121143238j:plain

使用後

f:id:schauessen:20171121143054j:plain

スパゲッティ250グラムに対してこれくらい使用。

ケチャップをしっかり炒めて、これでもかと炒めて、黒くなるまで炒める。

シゲルブラック。焦げ茶くらいか。

すると完成。安全で安心だ。

f:id:schauessen:20171121143228j:plain

ピーマンとマッシュルーム水煮は忘れずに。

f:id:schauessen:20171121143104j:plain

疲労回復して心労は忘却の彼方へ。

ごちそうさま。

シャウエッセンランチ

127グラム。

f:id:schauessen:20171110180027j:plain

「一緒に食べて心はひとつ!プレゼントキャンペーン」を開催しており、応募しない。

購入したレシートをはがきに貼り郵送するという鬼畜なキャンペーン。

このブロードバンド時代に逆行しており良さがあるニッポンハム

f:id:schauessen:20171110180014j:plain

フライパンに投入して焼いていく。

整列して。

f:id:schauessen:20171110175959j:plain

片面を6分。

シャウエッセンを裏返して、たまごを割り落とす。

f:id:schauessen:20171110175947j:plain

白身が水っぽくないことでシャウエッセンと接触せず。嬉しい。

5分焼いて。シャウエッセンをまた返す。

f:id:schauessen:20171110175936j:plain

我慢できなくなったら火を止めて完成〜。

f:id:schauessen:20171110180057j:plain

久しぶりのシャウエッセンを堪能するため、焼くだけでいただく。

うまい。

うますぎる。

ごちそうさま。

シャウエッセンラタトゥイユ

127.5グラム

f:id:schauessen:20171021133808j:plain

賞味期限が14日までのシャウエッセン

ラタトゥイユ(入力しずらい)に合流させましょう。

お鍋にオリーブオイルをどばどばと。

中火にかけてにんにくを。荒く刻んでたっぷり。

大きめにカットしたなすとたまねぎを、焼きめが付く程度に炒めてトマト缶を投入。

塩は海塩を3つまみくらい。ざっくりと混ぜ合わせて、ローリエを1枚。

グツグツしたら弱火にしてシャウエッセンを。

f:id:schauessen:20171021133755j:plain

蓋をして10分くらいで完成という感じ。

ズッキーニやパプリカを入れたいところ。

今日は食材整理ということで、少数精鋭で。

f:id:schauessen:20171021133744j:plain

仕上げに黒胡椒をガリガリとして、盛り付けて。

f:id:schauessen:20171021133732j:plain

シャウエッセンを入れたラタトゥイユ

いくらでも食べられてしまうくらいおいしい。おすすめ。

ごちそうさま。