シャウエッセン・シャウエッセン

1985年2月に誕生したシャウエッセン。おいしい。

シャウエッセンランチ

127グラム。

f:id:schauessen:20171110180027j:plain

「一緒に食べて心はひとつ!プレゼントキャンペーン」を開催しており、応募しない。

購入したレシートをはがきに貼り郵送するという鬼畜なキャンペーン。

このブロードバンド時代に逆行しており良さがあるニッポンハム

f:id:schauessen:20171110180014j:plain

フライパンに投入して焼いていく。

整列して。

f:id:schauessen:20171110175959j:plain

片面を6分。

シャウエッセンを裏返して、たまごを割り落とす。

f:id:schauessen:20171110175947j:plain

白身が水っぽくないことでシャウエッセンと接触せず。嬉しい。

5分焼いて。シャウエッセンをまた返す。

f:id:schauessen:20171110175936j:plain

我慢できなくなったら火を止めて完成〜。

f:id:schauessen:20171110180057j:plain

久しぶりのシャウエッセンを堪能するため、焼くだけでいただく。

うまい。

うますぎる。

ごちそうさま。

シャウエッセンラタトゥイユ

127.5グラム

f:id:schauessen:20171021133808j:plain

賞味期限が14日までのシャウエッセン

ラタトゥイユ(入力しずらい)に合流させましょう。

お鍋にオリーブオイルをどばどばと。

中火にかけてにんにくを。荒く刻んでたっぷり。

大きめにカットしたなすとたまねぎを、焼きめが付く程度に炒めてトマト缶を投入。

塩は海塩を3つまみくらい。ざっくりと混ぜ合わせて、ローリエを1枚。

グツグツしたら弱火にしてシャウエッセンを。

f:id:schauessen:20171021133755j:plain

蓋をして10分くらいで完成という感じ。

ズッキーニやパプリカを入れたいところ。

今日は食材整理ということで、少数精鋭で。

f:id:schauessen:20171021133744j:plain

仕上げに黒胡椒をガリガリとして、盛り付けて。

f:id:schauessen:20171021133732j:plain

シャウエッセンを入れたラタトゥイユ

いくらでも食べられてしまうくらいおいしい。おすすめ。

ごちそうさま。

シャウエッセンランチ

127.5グラム。

f:id:schauessen:20171017145843j:plain

賞味期限切れのおまけつき。

労働環境が少し変わって、シャウエッセンを食べる頻度が減ってしまった。

一過性なのか。少し長く続きそうなのか。見通しは立たない。

冷蔵庫からシャウエッセンが無くなれば買えばいい。

冷蔵庫にシャウエッセンがあれば食べればいい。

まあ、そんな気分。

f:id:schauessen:20171017145833j:plain

短くて太いシャウの可愛らしさよ。

f:id:schauessen:20171017145822j:plain

お久しぶりのお約束。

黄身を割ってしまう。

f:id:schauessen:20171017145801j:plain

どうしたもこうしたもない。これもお約束なのだから。

f:id:schauessen:20171017145950j:plain

少しづつ火が通っていき、寿命は縮まっていく。

余生をどう過ごそうか。

どう過ごしたいのか。

f:id:schauessen:20171017145940j:plain

シャウエッセンをアツアツでいただこう。

悩みは忘れることができるだろう。

気がつけば満腹と共に睡魔が。

すこしだけ、休もう。

ごちそうさま。

シャウエッセンナポリタン

129.5グラム。

f:id:schauessen:20170927173121j:plain

これは絶対に○○だよね〜。

同意を求められても困ることがあります。

 

だがしかし、シャウエッセンナポリタンには絶対がある。

シャウエッセンシャウエッセンとしてはここで主張しておきたい。

シャウエッセンを使うこと。これは当たり前。

 

喫茶店のナポリタンを目指すなら、麺は茹でて冷蔵庫で寝かせたものを。

(でもそれは面倒だし、味に大きな影響があるかと言ったらそうでもない)

 

ナポリタンの絶対とは、具材とその調理方法に。

必ず入れなければならない具材がある。

シャウエッセン

・たまねぎ

・マッシュルーム (水煮が良い)

・ピーマン

この具材を、がっちり焼いたハインツのケチャップ(カゴメデルモンテ・明宝・ナガノトマトなども可)で、太いスパゲッティを炒めた料理がシャウエッセンナポリタン。

これ、絶対。

 

今日のスパゲッティーはフェッロ・スパゲットーニ・ルーヴィディ No.14。

太さ2.1mmのパスタ。茹で時間標準13分にタイマーをセットして、湯に投入。

麺に塩味をつけつつ、調理中・後にパスタから水分が出ないよう、1%の塩水で茹でるのが正義のパスタマン。

 

シャウエッセンは下の画像よりももう少し丁寧に、焼き目がまんべんなくつくくらいに焼くと良い。

f:id:schauessen:20170927173109j:plain

ケチャップはたくさん。2人前でおたま1杯くらいを目安に。

 

ここで遠慮してケチャップを減らすと、良いことがありません。

そうです。遠慮の塊と言われた私のようになってしまいます。

f:id:schauessen:20170927173058j:plain

しっかりとケチャップを炒めて、水気と酸味を飛ばす。

黒くなっても大丈夫。というか、黒くなるまで焼くイメージで、焼く。これ絶対。

 

つくりはじめてここまで、4回も電話が鳴り不機嫌に。まあ仕方ない。

食べればゴキゲンだはず。

f:id:schauessen:20170927173032j:plain

きれいに撮れないけど、とにかくうまいナポリタン。

きれいに取れないというか、きれいに盛れていないのでは。

 

そう。タバスコハバネロソースが抜群に合います。粉チーズも最高。

良いパルミジャーノがあるなら危険。お口の中で旨味が大爆発。

 

そんな贅沢ができるといいですね。

ごちそうさま。

シャウエッセンおつま

128.5グラム

f:id:schauessen:20170920142752j:plain

お酒好きですか?

会話の糸口になります。

シャウエッセンはお好きですか?

友好の架け橋になります。

f:id:schauessen:20170920142738j:plain

だってそうでしょう。

最初はバラバラだったけど。

f:id:schauessen:20170920142728j:plain

今はいっしょ。かな。

f:id:schauessen:20170920142716j:plain

仲良く並んで、焼き加減は控えめで。

f:id:schauessen:20170920142705j:plain

ビールのお供に。シャウエッセン

最高。

明日は氣志團万博だ。楽しみだ。

ごちそうさま。