シャウエッセン・シャウエッセン

1985年2月に誕生したシャウエッセン。32歳。

シャウエッセンランチ

129.5グラム。 今日は暑い。とにかく暑い。 シャウエッセンは熱ければ熱いほど良い。 整列します。 あああああああああああああ 黄身を割ってしまい終了。 だがしかし、このたまごが旨くて満足。 どこかで聞いたことがある。 おいしいたまごを見分ける方法で…

シャウエッセンランチ

130グラム。 ひさしぶりのシャウエッセンになってしまった。 ちびシャウエッセンがいる。ぶたのしっぽも。 良い焼き加減で。久しぶりなのに上等。 シャウエッセンの燻製香とお味を楽しむために、調味は少量の岩塩のみ。 しっかりおいしいシャウエッセン。飽…

シャウエッセンのおいしい食べ方

ニッポンハム・シャウエッセンのブランドサイトで紹介されているシャウエッセンを一番おいしく食べる方法は「黄金の3分間ボイル」だそう。 手順としては、たっぷりと湯を沸かし、弱火にしてシャウエッセンを3分間茹でるだけ。簡単。 また以前、テレビ番組で…

シャウエッセンランチ

128.5グラム。 ほそながーい。 大きく見えるから嬉しく思うのだけれども。 今日はえのき茸の味噌汁を一緒に。 切り落とした石づきを共に焼く。卵の白身が襲う。 焼けた。 えのき茸の石づきうまい。 なぜかホタテやイカを思わせる海産物系の旨味がある。 石づ…

シャウエッセンランチ

128.5グラム シャウエッセンは自由。 フリーダム。 使い勝手の良い24cmソテーパン。Scanpan。 人生もまた自由。 並べてわかることもある。 違いなんて。 つやっつやに焼いて。 別角度でもツヤツヤ。 ネコかな? 付け合せはカラシとホースラディッシュの醤油漬…

シャウエッセンランチ

128グラム 整列。揃っている。 黒胡椒をたっぷりの気分。ガリガリと。 白身を箸で寄せたので平均以上のビジュアルに。 お詫びにかわいい画像を。 父が育てたナスは松浦だるま先生のTwitterアイコンに似ている可能性があり… ルッコラのサラダを食べる。 香り…

シャウエッセンナポリタン

130グラム 1本あたり3〜4切れにカット。 ナポリタンにはハインツのケチャップが好み。 暑いしケチャップを少なめにあっさりと。 本当は1.6mmのスパゲッティしか在庫が無いから。 理想はガロファロのヴェルミチェッリ2.2mmでコッテコテのナポリタン。上の1.5…

シェウエッセンランチ

130グラム 曲がりがある。 曲がったシャウエッセンはすき。 食感がプリっとしているような気がする。 あくまでも気がするだけよ。 ね。。。 飛び散っているのは海塩。今日は粟国の塩。 ごちそうさま。

シャウエッセンランチ

127グラム シャウエッセンの内容量は127グラムとなっておりピタリ賞。 卵を割ることに失敗して黄身が破れるくらいの確率でしょうか。 今日は良いことがありそうですね。 7本入っていました!! ということもなく、いつものシャウエッセン。 何も考えずに焼こう…

シャウエッセンランチ

129グラム 長いシャウエッセンがいる。 庭に植えたらもっと伸びるかもしれない。 前回は焼きが甘く、今回は気持ち強火で。 良いですね〜〜〜 岩塩と黒胡椒を多めに。 熱々をかじって肉汁がピュッ ごちそうさま。

シャウエッセンランチ

131.5グラム。 太さは概ね同じ。 中長3・中短3というところか。 痛恨のミス。 シャウエッセンを白身が襲う。 焼き上がりにカリカリした食感がプラスされ、悪くはない。 焼きが甘く、中途半端な仕上がりとなってしまった。 数日空いてしまったからだろうか。 …

シャウエッセンランチ

129グラム サイズが揃っていらっしゃる。 納得の焼き加減であったのに、焼き上がりの写真を失念。 ごちそうさま。

シャウエッセンランチ

129.5グラム 細めが3本、太めが3本。 良い。 少し焼き色が強いか。 焼き上がり。岩塩と黒胡椒を挽いて。 火が強かったようで、不覚にも2本の皮が裂けてしまった。 そのぶん、熱はしっかり入っておりジューシーでうまい。 歯を立てると肉汁が飛んだ。ブブカか…

シャウエッセンランチ

130.5グラム。 予熱したフライパンにシャウエッセンを並べる。 自由にさせると転がるため、シャウエッセン同士仲良くさせることが大切。 弱火で6分。 シャウエッセンを裏返しつつ生卵を投入。 さらに6分焼いたら完成。 ごちそうさま。